インテリックスのビジョン

インテリックスのビジョン

インテリックスには大小2つのものさしがあります。
ひとつは、より良い住まいへとリノベーションをするために
空間を徹底的に測るためのもの。
もうひとつは、時代に対してかざす大きなものさしです。

90年代半ばにストック型社会の到来に着目したことや、
業界に先がけて中古マンションに保証を付けたこと。
職人の高齢化の解決策として自社で施工部隊を育成し始めたことや、
不動産を小口化して資産運用する新しいサービスを考案したこと。
これらはどれも、インテリックスがひと足先に、
世の中が求める価値を測ってきた証です。
マンションをめぐる市場は大きく変化してきました。

新築物件の供給が頭打ちとなる一方で、リノベーションという住まい方は
これからの時代の常識としてより一層浸透していくことでしょう。
インテリックスは経験によって磨かれたものさしを、
街から街へ、そして人のきもちにかざしていき、
マンションに求められる価値をじっと見据えてかたちにしていきます。
つくることは、測ること。
未来を探る私たちのまなざしに光が絶えることはありません。