中古マンション購入時の初期費用から購入後の費用まで諸費用も含めて徹底解説!

中古マンション購入時の初期費用から購入後の費用まで諸費用も含めて徹底解説!

新婚夫婦や老夫婦2人だけの世帯や、1人暮らし世帯などは、一戸建てよりもマンション住まいが便利な場合もあるでしょう。中古マンションの購入を検討している人に、購入時の初期費用から諸費用、購入後の費用までを徹底解説します。

【中古マンション購入時の費用1】初期費用

1.手付金(物件購入代金の10%程度)
売買契約時に支払います。駅に近い、間取りが使いやすい、価格の割には室内がきれいであるなど条件の良い中古マンションは、売りに出た途端に買い主が現れることもしばしばです。他の買い主よりも先に良い物件を押さえるためには、仲介業者に購入の意志をはっきりと伝えて売り主と契約を結び「手付金」を支払いましょう。
手付金は、中古マンションの購入代金の一部を先払いするものですが、一般的に「解約手付」として契約書に記載がされます。契約を解除する場合はこの手付金を放棄すれば解約が可能です。売買契約後、売主が履行の着手をするまでに買い主の都合で契約ができますが、返金はされないので注意しましょう。

2.初期の諸費用
売買契約時にかかる諸費用は、次の2つです。
・印紙税
国に納める税金です。手付金の金額ではなく、物件購入代金の全額に対してかかります。例えば、購入代金が1,000万円超5,000万円以下ですと1万円の税額です。

・仲介手数料の半金(購入代金(税抜)の3.24%+6.48万円を上限とする金額の半金)
不動産会社が売り主と買い主の間を仲介している場合は、仲介手数料がかかります。売買契約時と、物件引き渡し前の残金決済時に半金ずつ支払うケースがほとんどです。仲介手数料には、消費税がかかります。

中古マンション購入時の初期費用から購入後の費用まで諸費用も含めて徹底解説!

【中古マンション購入時の費用2】引き渡し時の諸費用

1.購入代金の残金
物件の引き渡し時には、購入代金から手付金を引いた残金を支払います。売り主が個人の場合は、購入代金に消費税はかかりません。売り主が消費税課税対象法人(住宅会社等)の場合は、建物価格にだけ消費税がかかります。

2.仲介手数料の残金
売買契約時に不動産会社に支払った、仲介手数料の残金です。

3.住宅ローン関連費用
住宅ローンを組む際には、金融機関の審査があります。審査を通過してはじめて、住宅ローン契約を結びます。住宅ローン関連費用の内容は金融機関によって違いますが、おおむね次の6つです。金額は、マンションの購入代金が2,000万円で頭金が0円、フラット35利用の場合となります。

・印紙税(約2万円)
・ローン保証料(0円)
「フラット35」を利用する場合は、ローン保証料はかかりませんが、事務手数料(融資金額の1.6%~0.75%)がかかります。
・火災保険料(約15万円)
・団体信用生命保険料(約7万円)
・フラット35の適合証明手数料(約5万円)

4.その他諸費用
住宅ローン関連以外の諸費用は、次の4つです。

・税金の清算金
購入した中古マンションは固定資産となりますので、毎年、固定資産税と都市計画税を支払います。これらの税金は、1/1~12/31を一年度とし、年度途中で固定資産を売買した場合は、年度の残りの月数や日数分の税金を、買い主が売り主に支払うことになるのです。

・登記費用
所有権が移転した旨の登記免許税で、国に納めます。

・司法書士への報酬
登記の手続きは、司法書士に依頼するのが一般的です。報酬は、約10万円~となります。

・不動産取得税
不動産取得税は、都道府県税です。いくつかの要件を満たせば、軽減措置もあります。

【中古マンション購入時の費用3】購入後の費用

忘れてはいけないのが、購入後の費用です。住宅ローンを忘れる人はいないと思いますが、各種税金は忘れた頃に請求書がやってきます。購入後の費用は、次のようなものです。

・住宅ローン
・不動産取得税
・固定資産税
・管理費・修繕積立金
・リノベーションの費用(平均で約490万円)
(一般社団法人住宅リフォーム推進協議会「平成24年度住宅リフォーム実例調査」より)
・耐久消費財の購入費用
・引越しの費用

管理費や修繕積立金は、マンションにより費用の幅があります。例えば、80戸のマンションでも160戸のマンションでも、1棟全体の管理・修繕費用はそれほど違いがありません。その管理・修繕費用を、単純計算で80戸で割るのと160戸で割るのでは、1戸あたりの負担金額が違ってくるのです。

また、中古で購入したマンションを、希望どおりにリノベーションしてから住みたいというケースが増えてきています。リノベーションを考えている人は、物件購入の検討時にリノベーションの費用も合わせて金額の見積もりをして、予算を立てると良いでしょう。
そして、これも忘れがちなのが耐久消費財。中古マンションの場合は、カーテンレールはすでに付いているでしょうが、カーテンは付いていません。ほかにも、照明器具やエアコンなどの家電製品、家具などを、必要に応じて新たに購入することが必要です。
引越しの費用は、全ておまかせのプランですと高めの金額になりますし、なるべく自分でやれば低めの金額に抑えられます。

中古マンション購入時にリノベーションも検討してみよう

中古マンション購入時の費用を、初期、引き渡し時、購入後の3つに分けて、徹底解説いたしました。インテリックスでは、物件の内覧に同行してリノベーションのアドバイスもさせていただいております。ご不明点は、お気軽にお問い合わせください。

学ぶ・調べるTOPに戻る

リノベーション事例を見る
相談会に行く
物件を探す