リノベーションを視野に入れれば選択肢も広がる!中古マンション購入の流れ

リノベーションを視野に入れれば選択肢も広がる!中古マンション購入の流れ

気に入った街に住みたいと思っても、新築では戸数が限られており、なかなか条件に見合ったマンションが見つからないことってありますよね。そのような場合には、中古マンションをリノベーションすることで、希望通りのマンションを手に入れる方法も検討してみましょう。

希望する中古マンション探しは仲介業者選びから

インターネットなどで情報収集をしながら、住みたい地域や自分なりの物件の条件をだいたい決めたら、実際に不動産会社へヒアリングしてみることから始めましょう。「絶対に住みたい」と思える特定のエリアがあれば、その地域で実力がある不動産会社の窓口に直接訪問し、話を聞くことも有効です。
タイミングが合えば、定期的に実施されている相談会に参加するのもよいでしょう。電話やメールでは得られないような非公開物件情報を得られる可能性も期待できます。一方、価格帯や間取りなどから、幅広く中古マンションを探してみたいという場合には、不動産会社に連絡を取り、物件を紹介してもらうのもおすすめです。

リノベーション前提で中古マンションを探すのか、購入後にリノベーションをするのかによっても、選ぶべき不動産会社は異なるため、慎重に比較検討しましょう。不動産会社の中には、物件紹介とともにリノベーションの提案も合わせて行ってくれるところもあります。ワンストップで中古マンション購入からリノベーションまで、特定の不動産会社1社に任せることにより、ローンの組成など、資金計画も立てやすくなるメリットがあります。当社でも購入からワンストップで対応していますので、お気軽にご相談ください。

リノベーションを視野に入れれば選択肢も広がる!中古マンション購入の流れ

リノベーション済マンション購入の流れと注意点

既にリノベーションが施された中古マンションを購入する場合、事前に仲介会社に見学予約をしておき、実際に物件を見学して何も問題がなければ、売買契約の締結やローン等の契約、資金決済および引き渡しへと進む流れとなっています。
なお、中古マンションの場合は、内見するときに、具体的にどのようなリノベーション工事がおこなわれたのかを確認しておくと安心です。水廻りなど目につきやすい設備のみの取替工事なのか、配管など内部もリノベーションされているかによって、将来のメンテナンスにも影響してきます。
また、専有部分だけでなく、エントランスなどの共有部分の管理状況も確認し、クオリティに見合う購入価格かどうか、きちんと見極めましょう。物件の安全性が気になるようであれば、専門家による住宅診断「ホームインスペクション」を依頼し、客観的にその中古マンションの質を確認しておく方法もあります。なお、ホームインスペクションにかかる費用は、5~7万円くらいが相場のようです。

マンション購入後にリノベーションをする場合の注意点

中古マンション購入後にリノベーションをおこなう場合、物件の購入を視野に入れながら、リノベーションの計画も同時並行で進めていく点で、上記の流れとは若干異なります。また、物件購入先とリノベーション依頼先を同一の不動産会社とするか否かによって、必要な期間も異なってきますので、全体的なスケジュール管理がますます重要となります。
物件の購入とリノベーションを別々の会社に依頼する場合には、各種契約締結や工事開始のタイミングなど、自己管理する要素が多くなるため、より慎重さが求められるようです。なお、いずれの場合であっても、候補の中古マンションで、希望通りのリノベーションが可能かどうか見極めるために、内見は建築専門家と実施することをおすすめします。

積極的な情報収集が成功のカギ!

中古マンションを候補に入れることで、希望エリアで比較的安く念願の物件が手に入る可能性も高まりますね。中古マンションの購入を考えているのであれば、まずは気になる不動産会社への問い合わせや相談会等への参加をしてみましょう。インテリックスではリノベーション物件の購入、購入とリノベーションを一括して請け負うワンストップにも実績があるので、お困りのときにはぜひご相談ください。

学ぶ・調べるTOPに戻る

リノベーションマンションとは

リノベーション事例を見る
相談会に行く
物件を探す

関連コンテンツ