「リノベーションしたけれどイメージが違う!?その原因は家具にあるかも

せっかく憧れの部屋にリノベーションしたのに、何かイメージと違いしっくりこない…それは家具のせいかもしれません。手持ちの家具をそのまま使うのか、新たに買い揃えるのか、リノベーションではインテリアも併せて考える必要があります。

リノベーションしたのに理想とは違う印象になる原因

理想の住まいを手に入れるためのリノベーション。リノベーションの計画段階で、暮らしたい部屋のイメージがある程度出来上がっている人が多いのではないでしょうか。しかし、リノベーション完成後に家具を入れてみたらイメージとは違う部屋になってしまった、ということがあります。
これは、手持ちのソファやダイニングテーブルなどの家具を部屋に入れた場合に起こりがち。リノベーションで部屋の印象は変わっても、家具が以前のままということが原因です。リノベーションは、箱にあたる部屋だけをきれいにするもの。
もちろん、理想の住まいにするために間取りや細かい部分にまでこだわりますが、実際に様々なプランを見てみても、家具がなければそれほど印象は変わりません。リノベーションを理想通り完成させるために重要なのは、最後の家具選び。リノベーションしたのにおしゃれな印象にならないという人は、インテリアを見直したほうがよさそうです。

部屋の印象を左右するインテリアを決めるポイント

インテリアによって部屋の印象は大きく左右されます。リノベーション後の部屋をできるだけおしゃれな印象にするためには、家具の選び方にもコツがあります。家具選びの前に、まずはどのようなテイストの部屋にしたいのか考えましょう。
これはリノベーションのプランニングにも通じること。ナチュラルやモダン、アンティーク、北欧風などイメージを具体的にしていくことで、家具選びもスムーズに進みます。もしお気に入りの手持ちの家具があれば、それに合わせて他の家具を揃えるのもよいでしょう。
購入したい家具のブランドに合う部屋にリノベーションするという方法もあります。しかし、せっかくテイストを揃えたつもりでも、色味や質感が合わないということも。例えば、ダイニングテーブルやチェストなどは木の種類によって色味や印象はかなり異なります。インテリア選びに自信がないという人は、家具の素材や色など、どこかに統一感を持たせると失敗しません。
インテリア上級者は、異なるスタイルの家具を上手くまとめたり、アクセントカラーを上手に取り入れたりして遊んでみるのもよいでしょう。

リノベーションでは家具も含めたプランを考えよう

理想の部屋を完成させるためには、リノベーション後の部屋に入れる家具は慎重に選びたいもの。しかし、家中の家具をおしゃれな雰囲気になるようにコーディネートしたり、手持ちの家具を生かせるように家具を選んだりというのは意外と大変です。
そんな時は、買い揃えたい家具や手持ちの家具に合わせたリノベーションプランを最初に立ててしまいましょう。家具に合わせてプランを立てると、家具の配置や大きさに合わせて間取りやコンセントの位置まで決められるメリットもあります。家具によっては、購入せずに造り付け家具にすることも可能です。
部屋の雰囲気を損なわず、テイストに合った統一感のある家具をミリ単位でオーダーメイドできるのでおすすめです。収納したいものや飾りたいものに合わせて素材やサイズなどを自由に選べるので、満足できる仕上がりが期待できます。
家具選びまで含めてリノベーションが完成すると考えると、インテリアも併せて相談できる会社を選ぶのも成功の秘訣ではないでしょうか。
インテリックス空間設計では、家具・インテリアも含めたリノベーションのご提案も可能です。北欧デンマーク家具のインテリアショップ「BoConcept日本橋店」と、家具付きリノベーションのワンストップサービスも開始しました。リノベーションの企画段階からインテリアを 無料でコーディネート。インテリアもあわせてプランニングすることで、お客様の希望を叶えながら、 スタイリッシュで統一感のある住まいを実現することが可能です。
また、コーディネートされた家具の費用 を住宅ローンやリフォームローンに組み込むことができることもメリットです。

家具付きリノベーションのワンストップサービスについて詳しくはこちら

家具の選定がおしゃれなリノベーション成功の鍵

理想の住まいの実現にインテリアの持つ役割は大きいものです。
リノベーションをする際には、必ず家具やインテリアとのコーディネートを含めてプランニングすることで、より素敵なお部屋が完成します。インテリアのご提案含め、リノベーションのご相談はお気軽にご相談ください。

学ぶ・調べるTOPに戻る

リノベーションマンションとは

リノベーション事例を見る
相談会に行く
物件を探す

関連コンテンツ