リノベーションマンションの新築との違い、メリットデメリットはどこにある?

築年の古い物件に現代のライフスタイルにあった改修を施し、機能性や居住性を向上させた上で販売されるリノベーションマンションには、どのようなメリットがあるのでしょうか?
新築マンションと異なっている点、そして注意点についても、まとめて紹介します。

リノベーションマンションの持つメリットとは?

あらかじめ専門業者により、中古マンションをリノベーションした上で、完成済みの状態で販売されるリノベーションマンションは、購入から入居までの期間が短く、ほぼ同時に住み始めることができます。リノベーションにあたって、現代のライフスタイルにあった間取り変更や、最新の機器が導入されているため、中古物件にありがちな水回りへの不安も無く、安心して新生活を始めることができるのです。
また、新築とは異なり、集合住宅で気になる住人やコミュニティーの状況についても、あらかじめ確認することができるため、購入後の不安も少ないと言えるでしょう。騒音環境や採光についても同じで、夜間などに実際に現地で確認することも可能です。価格的には、立地や間取りを同じくする新築マンションと比較してリーズナブルです。
もちろん、同条件の中古物件よりは付加価値の分値段が上がりますが、居住性能的にはほぼ新築同様の機能を持っていることに大きなメリットがあります。

リノベーションマンションに考えられるデメリット

専有部内をリノベーションしても、集合住宅である以上、共用エリアにあたる部分については改装を行うことができません。そのため、外観やエレベーター、共用廊下、バルコニーなどは旧い状態のままであり、その点を気にしない方や古びた雰囲気を楽しめる方などに適している選択肢と言えるでしょう。
きちんと清掃が行き届いているか、定期的な修繕がされているかといった管理状況のチェックすることが最も重要なポイントです。購入を決める前には必ず、今後の修繕計画についても確認しておく必要があります。
また、立地条件で希望の合う場所に、好みの間取りや設備のリノベーションマンションがあるかどうかは常に流動的であり、すぐに適した物件に巡り合えないかもしれなません。この点もデメリットと言えるかもしれませんが、リノベーションマンションの供給は増加傾向にあり、探しやすさの面での不自由は解消される傾向が見られます。
最近では、リノベーションマンションを専門に紹介するポータルサイトも増えていますので、ぜひチェックしてみてください。

新築マンションとリノベーションマンションどちらにするか選択のポイントは?

リノベーションマンションの場合は共用部分の設備更新ができないため、オートロックや管理体制を含む、セキュリティ面を重視する場合には、新築マンションの方に軍配が上がるかもしれません。しかし最終的には購入費用、家族構成、生活時間帯、立地などを考えて適した方を選ぶ必要があるでしょう。
おおまかに言えば、資金的に余裕が大きく、間取りにはこだわりをそれほど感じないタイプで、最新設備の揃った新居を探しているなら新築マンションが、手頃な値段で快適性も重視、個性的な間取りや機能性の高い部屋を好まれる場合には、リノベーションマンションがおすすめと言えます。迷った時にはやはり、新築物件の部屋やモデルルームと、リノベーションマンションの両方を実際に訪れてみて、実際に確認して比較すると決めやすくなるでしょう。

リノベーションマンションとの出会いは一期一会

新築では同じタイプの部屋を複数販売するのが普通ですが、リノベーションマンションはひとつひとつが異なり、同じ条件の物件が他には存在しないケースがほとんどです。検討している間に売れてしまい、後悔することの無いようにしたいですね。
インテリックスグループではリノベーションマンションを年間1000件以上供給しており、その数は業界トップクラスになります。また、リノベーションの基礎知識や費用についての相談会やセミナーを行っています。ぜひご参加ください。

学ぶ・調べるTOPに戻る

リノベーション事例を見る
相談会に行く
物件を探す