成功するリノベーション!プランニングの流れを知って理想の住まいを手に入れよう!

理想の家に住みたい!という人に人気のリノベーション。実際にプランニングに入る前に、プランニングの流れや、リノベーションにより満足できる住まいを手に入れるためのポイントを知っておきましょう。

まずはどのような生活をしたいのかはっきり伝えよう

リノベーションのプランニングの第一歩は、自分がどのような生活をしたいのかはっきりさせることです。
リノベーションを希望する場合、現在の住まいに不満があり、「こんな家に住みたい」というイメージを持っている方が多いと思います。
それを形にするために、憧れているライフスタイルや間取りなどがあれば、具体的にイメージしてみてください。イメージすることで、自分が何を重視したいのか、最優先したいことは何かといった価値観がはっきりしてきます。
それを大切にしてリノベーションプランを立てていきましょう。まずはおおざっぱでも良いので、完成イメージや要望を伝えられるように準備しておくことをおすすめします。
もし参考にしている雑誌やHP、写真などがあれば持参すると良いでしょう。

プランンニングは要望や生活を伝えることから

プランナーは、依頼主のライフスタイルやインテリアの好み、趣味、休日の過ごし方、生活で大切にしていることなどあらゆることを参考に、リノベーションプランを作成していきます。
プランを立てる前のヒアリングでは、好きな洋服のブランドや聴いている音楽、インドア派かアウトドア派か、人を家に呼ぶことが好きかなどといったことまで聞かれることも。
関係ないように思われるかもしれませんが、そうした情報はその人の好みやライフスタイルの傾向を知るヒントになるのです。
プランニングの段階で自分のことや要望を全て伝えることで、自分にとって生活しやすい動線や部屋割り、こだわりたいポイントなどが図面に落とし込まれていきます。
例えば洋服や雑貨がどのくらいあるのかを伝えれば、使いやすい収納スペースの提案なども可能になります。料理が趣味であれば充実したキッチンプランを、聴いている音楽から自分では思いつかないようなおしゃれなプランを提案してもえることもあるでしょう。
プランニングの前に思っていることを伝えないと、出来上がってきたファーストプランと自分のイメージのズレが生じ、何度も図面を作り直すことになってしまいます。それでは、お互いに無駄な時間をかけることにもなりかねません。
理想の住まいを手に入れるためには、プランナーに自分をよく知ってもらい、リノベーションで実現したいと思っていることを始めに全て伝えることが大切です。

ファーストプランを理想に近付けていく

ファーストプランが出来上がったら、それをベースに修正点や細かい点を決めていく作業に入ります。
プランニングのこの段階では、実際に出来上がりを想像しながらキッチンや水回りの設備、壁や床の材質や色、ドアノブなどの細かい部分まで決めていきます。もちろん、予算の関係もあるため全て理想通りとはいかない場合もあるかもしれません。
もし、具体的なイメージがわかなければ、プロであるプランナーにどんなことでも相談してみましょう。実例や床材などの実物を見ながら相談にのってもらったり、自分では思いつかないような提案をしてもらったりすることも可能です。ライフスタイルに合わせた居心地の良い住まいを実現するために、ファーストプランを土台にして理想に近付けていきましょう。
リノベーションをしたいけれど漠然としたイメージしかないという人は、リノベーション会社があらかじめ用意しているプランから選ぶのもおすすめです。用意されたプランをベースに、ドアや洗面所、キッチンなどのパーツを自由に組み合わせて個性を演出することもできます。

満足できるリノベーションのために大切なのは伝えること

プランニングで大切なのは、どのような生活をしたいのかある程度はっきりとしたイメージを持ち、ライフスタイルや要望をプランナーに伝えることです。
リノベーションを考えている方は、プロのアドバイスを受けることができるインテリックスの相談会に是非ご参加ください。

学ぶ・調べるTOPに戻る

リノベーションマンションとは

リノベーション事例を見る
相談会に行く
物件を探す

関連コンテンツ