リノベーションでおしゃれな部屋に!秘訣は壁・クロスの選び方

リノベーションで壁の色を変えてみると、同じ部屋でも印象ががらりと変わります。リビングや子供部屋、寝室など部屋によって色を変えたり、アクセントになる色を使ってみたり。素敵な部屋の決め手になる壁やクロスの選び方をご紹介します。

壁・クロスの色にこだわってみよう

販売される住宅の壁のほとんどは白。最も無難でどんな家具やライフスタイルでも違和感なく合わせることができ、部屋も明るくきれいに見えるため好んで使われています。万人受けする壁の色だといえます。しかし、白と言ってもアイボリーなどの温かみのある白や黄色系、ピンク系の白などさまざま。壁にどの白を選ぶかで部屋の印象はかなり変わります。
リノベーションで自分のライフスタイルに合った好みの空間に仕上げるのであれば、壁の色にもこだわってみましょう。色だけでなく、壁紙の材質にもいろいろな種類があり、さらに模様入りのものやレンガ調などがデザインされたものも。国産壁紙から種類も豊富な輸入壁紙まで、予算とも相談しながら納得できるものを選びましょう。

壁紙の色によって部屋の印象はどう変わる?

壁紙は部屋の中でも大きな面積を占めるため、その選び方で部屋の印象は全く違ったものになります。暖色系の壁は温かみのある印象に。リラックスして過ごしたいリビングや子供部屋などに向いています。あまり濃い色だとインテリアをまとめるのが難しく個性的になりすぎるため、家庭では温かみのあるイエロー系やピンク系がおすすめです。
インテリアによっては淡いパープルなどもきれいです。一方、寒色系のブルー系やグレー系の壁は、爽やかな印象や落ち着いた雰囲気を醸し出したいときに向いています。例えば、寝室の壁をグレーがかった水色やグリーン系にすると、ウッディな家具との相性もばっちり。白い家具や窓枠、クロスなどと合わせれば北欧風の部屋が完成します。
人気の高い白い壁は、床を薄い色の無垢材やカーペットにしてインテリアも白系で統一すると、広々としたおしゃれな印象に。一方、壁に黒やダークブラウン、モスグリーンなどダークな色を使うと、大人の隠れ家的な印象に。書斎や寝室、リビングなどで重厚感や高級感を出したいときに使いたい色です。

インテリアのテイストに合わせて壁の色を選ぼう

ある程度部屋のイメージがはっきりしている場合でも、壁紙の微妙に異なる色や質感にこだわり始めるとなかなか決まらないというのはよくあること。そのような時は、まずインテリアのテイストに合うものをピックアップしていきましょう。壁の色を決める際は、具体的にどのようなイメージにしたいのかよく考えることが大切です。壁の色やインテリアの事例も豊富な洋書や実際のリノベーション例を参考にすると、イメージがわきやすいのではないでしょうか。
北欧風、アジアン、アーリーアメリカン、フレンチアンティーク、クラシカルなヨーロピアンなど、理想のスタイルによって似合う壁の色や材質は異なります。エレガントやカジュアル、シックといったキーワードで考えるのもよいでしょう。壁に色を使わなくても、白い壁を珪藻土などにして陰影をつけるという方法も。白木の家具などナチュラルな雰囲気のインテリアにもよく合います。

DIYも可能!上級者に見える壁紙の選び方

個性的でおしゃれな雰囲気にする方法として、全体は白い壁にして部屋の一部だけ他の色を使うのもおすすめです。そこに置いたものも引き立ち、部屋の印象も引き締まり特別感も生まれます。部屋の一面だけであれば、思い切った色使いも可能です。絵をかけるようなイメージで考えてもよいでしょう。
プリント柄の壁紙を効果的に使うという方法も。白をベースにした単色のプリントで寝室を上品な雰囲気に、レンガ調のプリント柄でキッチンやリビングをおしゃれなカフェ風に、と部屋ごとに壁紙を変えて雰囲気を変化させるのも楽しいものです。自分で貼れてはがすのも簡単な壁紙や、クロスの上からペイントできる壁用のペンキなども販売されています。DIYで好みのスタイルに仕上げるのもよいでしょう。

センスの良いリノベーションを壁の色で実現!

壁の色にこだわると、リノベーションは何倍も楽しくなります。ただ、壁の色にこだわってもインテリアの印象や床や建具との色が合わなければ、ちぐはぐな印象に。インテリックスは壁色も考えたリノベーション例も豊富です。ぜひお気軽にご相談ください。

学ぶ・調べるTOPに戻る

リノベーションマンションとは

リノベーション事例を見る
相談会に行く
物件を探す

関連コンテンツ