「豊かな暮らし」の実現に寄与するリノベーション住宅推進協議会

リノベーション住宅に「憧れる」「住んでみたい」と思っても、いざとなるとあれこれ心配になるもの。
そこで、誰もが安心して優良なリノベーション住宅を選べる環境づくりのために発足した「リノベーション住宅推進協議会」について知っておきましょう。

リノベーション住宅推進協議会とは?

中古住宅を、現代の多様化するニーズや、住む方のライフスタイルに合わせて住まいを再生する「リノベーション」。
たとえば、築年の経過により劣化した内装設備を取り払って、ニーズに合わせた間取りや内装に刷新したりします。
つまり、中古住宅の良い部分・使える部分は大切に残し、直すべき部分は改修して現代的な住まいによみがえらせるのです。日本が本格的に「ストック型社会(価値あるものをつくり、長く大切に使う社会)」を迎えつつある今、住宅も循環型がふさわしいといえるでしょう。 中古住宅は新築に比べてリーズナブルで、購入後の価格下落も穏やか。また、リノベーションによって価値が高まり、優良なストックを次世代へ引き継ぐこともできます。さらに、既存住宅を活用するリノベーションはエコで環境にも優しいのです。
このようにメリットが豊富なリノベーション住宅の認知度を上げて流通を促進させるために発足したのが「リノベーション住宅推進協議会」です。インテリックスも、この協議会の立ち上げ当初から中心的に携わっています。

さまざまな関係業者や団体が参加しています

リノベーション住宅推進協議会の目的は「利用者にとって安心で分かりやすいリノベーション住宅を造るための環境づくり」です。そのため、入会しているのは、不動産やリノベーション、施工業者だけではありません。
業界や業種の枠を超え、メーカー・金融・メディアなども会員になっており、それぞれの分野において、リノベーション住宅の認知普及、環境整備に努めています。
協議会が行う事業は、リノベーションに関する「技術水準・品質の向上」や「普及・広報活動」に加え、「情報の収集・提供」「関係団体等に対する協力・要望・提言」「事業者の健全な発展・消費者等の利益の保護に資する事業」なども行っており、 様々な角度からリノベーション市場の活性化に向けた取組みを行っています。

誰もが安全・快適なリノベーション住宅を選べる市場へ

リノベーション住宅の認知が少しずつ広まり、幅広い世代からニーズが高まってきたことで、マーケットには徐々にたくさんの事業者によるリノベーション住宅の供給が行われるようになりました。それと比例して、引渡し後の不具合など、様々な問題も散見されるようになりました。施工内容は事業者ごとに異なり、品質もバラバラ。さらに、リノベーションの人気に乗じて、きちんと内装が行われていないのにもかかわらず、安易に「リノベーション」とうたった物件が販売されるなど消費者が安心してリノベーション物件を選べない状況が広まっていました。
それは「リノベーション」の定義が明確ではなかったことが原因の一つであると考え、リノベーション住宅推進協議会は、「優良リノベーションの統一規格」を定めました。具体的には、「検査」→「工事」→「報告+保証+住宅履歴情報」までの一連のフローを「統一規格」としています。この共通のリノベーションの定義により、優良なリノベーション住宅を消費者が選ぶことができるようになりました。

安心して選べる「適合リノベーション住宅」とは

このような「優良リノベーションの統一規格」に則って改修された既存住宅が、「適合リノベーション住宅」です。
しっかりと検査をしたうえで工事が施され、その記録は住宅履歴情報として保管されます。履歴情報が引き継がれることで、住みはじめてからの点検やメンテナンスが容易になることがメリット。また、将来的に住宅を売りに出すときにも、履歴情報は役立ちます。さらに万が一の不具合があった場合でも、「適合リノベーション住宅」は、アフターサービス保証をつけることを定めているため、安心です。 適合リノベーション住宅の基準には、以下の5種類があります。

「R1住宅」→ 区分所有マンション専有部分
「R2住宅」→ R1住宅にプラスして、共用部の修繕や管理状況など
「R3住宅」→ R1住宅にプラスして、共用部分を含む一棟全体
「R4住宅」→「オフィスを住宅へ」など用途変更をした住宅
「R5住宅」→ 戸建て住宅

自分らしい住まいに安心して暮らし続けるために

自分らしいリノベーション住宅選びをするため、適合リノベーション住宅を選ぶことも一つですが、こうした住まいやリノベーションに関する知識をもった上で、住まい探しをするということが大事です。リノベーションに関する豊富な知識を持つスタッフもたくさんおりますので、リノベーション住宅をお探しの際にはお気軽にご相談ください。

学ぶ・調べるTOPに戻る

リノベーション事例を見る
相談会に行く
物件を探す