リノベーション事例

ご実家をリノベ。3柄のフローリングは、ご両親のこだわりを大切にしたからこそ。

東京都墨田区 K様

物件概要

家族構成
夫婦
築年数
35年
間取り
2LDK→1LDK
専有面積
約60㎡
工事費総額
約700万円
間取り図
zoom
Web未公開の事例を見たい方
資料請求(無料)

快適に過ごすための間取りや設備の希望が、ここなら叶う

スカイツリーを臨むK様のお宅は、奥様が20年ほど暮らしたご実家。ご夫婦二人で暮らし始めるにあたり、2LDKを1LDKにリノベーションすることに。K様はリノベーションマンションの画像を検索して、気に入った家を作った業者に相談をしに行ったとか。

「以前暮らしていた家が1LDKで、夫婦が同じ空間で過ごせる広いリビングダイニングが気に入っていました。そこで1LDKにすることと、玄関側にある寝室にエアコンを設置することを数社に伝えましたが、エアコンの設置は断られてしまいました。
ところが最後に訪れたインテリックス空間設計で、エアコンが設置できると言われてビックリ。何社にも断られたのにと信じられない気持ちでしたが、丁寧な説明を受け、希望を叶えてくれるインテリックス空間設計にお願いすることにしました」

バルコニー側に大きく取ったリビングダイニングは、たくさんの窓から風と日差しがよく入り心地いいと微笑むK様。
寝室のエアコンは先行配管にすることで問題なく設置でき、暮らしやすさを左右する間取りの希望をしっかりと叶えることができた。

自慢のフローリングを活かして柄を切り替えた、個性的な空間

リビングダイニングに足を踏み入れて、まず目に飛び込んでくるのは個性的なフローリングだ。斜めに走るフローリングと市松模様のフローリングの間に、まるで廊下のようにヘリンボーンのフローリングが敷かれている。
一見大きなリビングダイニングだが、柄の切替えによってリビングとワークスペースという使い方の違いが自然と感じられるのが面白い。

「斜めのフローリングはもともと張ってあったもので、ヘリンボーン側は和室でした。
斜めのフローリングは両親が選んだもので、カッコ良く仕上げたとよく自慢していました。当初は全部張り替えるつもりでしたが、誰に見せても『良い床なので活かさないともったいない』と言われました。そんな時、柄を切り替えたフローリングの家を雑誌で見つけて、思い切って3パターンを使うことに。市松模様は懐かしの教室の床のようで、机を並べたワークスペースの雰囲気が出ていますよね」とK様。

ご両親が大切にしていたフローリングを活かした上、その一部はキッチンの腰壁にアレンジ。味わい深さと遊び心が感じられる仕上がりとなった。

好みのカラーは白と黒。そこにブルーがすっきりと映える

家のあちこちにさりげなく置かれたアニマルモチーフの雑貨がかわいらしい。パンダやペンギン、マレーバクなど、白と黒の動物が好きと微笑む奥様。インテリアも、ナチュラルな木目調の中に白と黒が効いている。

「フローリングの床に白い壁。新しく買った家具や、キッチンなどは木目調と黒を合わせたカッコいいものをと思っていたので、すぐに決めることができました。照明などのパーツも迷わず黒にしました」

好みのテイストが定まっているK様。もともと持っていたキッチン雑貨や家具も、木目調と黒で統一されている。30年以上使っているローテーブルをアレンジしたダイニングテーブルも、まるで今回購入したかのようにしっくりと収まっている。
そして、そこに鮮やかに映えるアクセントウォールのブルー。

「アクセントウォールは地味な色にしようと思っていましたが、雑誌でブルーのアクセントウォールを見て気に入り、様々な色みのブルーから今の色に決めました。フローリングの濃い木目には、このブルーが合いますよね」と笑顔を見せた。

たくさんのイメージ写真が、イメージ通りの家作りには大事

好みのテイストがハッキリしていて、さらに気になるインテリアの画像を建築士に見せ、「この部屋のこの部分が好き」と的確に伝えたK様だが、それでも「準備不足でした」と振り返る。

「相談に伺う前にもっといろいろと考えておけば良かったと、振り返ると思います。
キッチンは広くて使いやすく、カッコいい仕上がりになりましたが、食器棚はデザインが気に入って後から購入したものです。幸運にもサイズがぴったりでした。先に選んでサイズを伝えておくと、それに合わせてスペースを取っていただけるので安心でしょうね。
またコンセントの数や位置などの細部は、まるで考えていませんでした。
とは言えここまで素敵にしていただいて本当に感謝しています。こちらの希望を伝えると、いつも『いいですね!』と同意して前向きに検討していただいたのもうれしかったですね。
今では実家でありながら、家の中がキレイに生まれ変わり、都市開発で周辺地区も様変わりしたので、とても実家とは思えません」と笑う。

勉強熱心なK様。プラン検討中にも積極的に雑誌などを見ては、イメージ写真を持ってきてくれた。だからこそ、よりイメージに沿った家作りができたのではないかと思う。
 

~建築士からのひとこと~
プランニング前にお伺いしましたが、家具やフローリングの質感が良く、とても大切に使われてきたことがわかりました。特に斜め張りにされたチーク材の無垢フローリングは、年月による風合いの良さがあり、しかもご両親がとてもこだわった床とのこと。そこで既存フローリングを残したプランを数案ご提案いたしました。3面開口の良さを存分に活かし、さらにプランを見ながら実際の暮らし方を想像して選んでいただきたかったからです。
K様は玄関側の寝室にエアコンを設置できず、またフローリングも全交換しないといけないと思われていましたが、その辺りを解決したことで今のプランに決定しました。
大空間を確保でき、明るく風通しの良いリビングダイニングは、奥様の趣味である植栽置きにできるよう、一部タイルでの張り分けもご提案しましたが、奥様が複数パターンのフローリングを張り分けた写真を見つけられて今の形となりました。フローリングはますます味わいを増すと思いますから、10年後も楽しみですね。
(8d 佐野茜 川島優太
Web未公開の事例を見たい方
資料請求(無料)


リノベーションに欠かせない3つの体験をこの場所で。Aoyama Renovation Studio
セミナー・相談会情報を見る
Facebook
投資家情報
採用情報