リノベーション事例

自分に合った住まいをつくる。
コストを抑えてDIYでイメージ通りの仕上がりに。

東京都西東京市 K様

物件概要

家族構成
夫婦
築年数
30年
間取り
3LDK→1LDK
専有面積
約62㎡
工事費総額

工事費内訳

STANDARD
解体工事、木工事、設備工事等
MATERIAL
設備・資材費等
OPTION
造作家具・塗装等
間取り図
zoom

自分たちに合わせた暮らしがしたくてリノベーションを選択

購入を検討しているタイミングで、ちょうど近隣のマンションに空きが出たので購入を決意。だが、初めから新築購入は検討していなかっという。

「同じくらいの賃料で賃貸を探すか、購入するとしたら中古を買ってリノベーションしようと決めていました。あらかじめ造られた家というのが僕らにとっては間取りなども含めて機能的ではなくて、全然好みではないんです。」
と話してくれたご主人。
賃貸していたお部屋の自由度が快適だったようで、そのときの暮らし方が合っていたそう。

「前の部屋はほとんどがぶち抜きで間仕切りが無いような状態だったんです。自分たちで空間を区切って部屋を作っていくというのがすごく楽で。あらかじめ造られた家というのが僕らにとっては間取りなども含めて機能的ではなくて、全然好みではないんです。それに新築だと高いですからね。」

自営でヨガ教室をやっている奥様にもお部屋へのこだわりが。 「以前のマンションでは1階にも店舗用で部屋を借りていたんです。お客様が入る場所なので、トイレと手洗い場所が別々で洗濯機とかが見えるというのが嫌だったんですけどそこは一緒になっていて。自分たちが住宅にする部屋は半分仕事場になるので、ある程度見栄えもよくないと、という思いはありましたね。」

続きを読む

具体的な住まいのイメージがあったからこそのDIY

そんなこだわりを持っていたので初めからリノベーション前提で探していたというご夫妻。 自分たちの生活を見直し、朝起きてからの行動や家具の配置などを考え、希望の間取りまで図面に落とし込んで相談したという。 それでもここまでのDIYをやろうとは思っていなかったそうだ。

「初めはDIYをするかも決まってはいなかったんです。結局は予算的な問題が大きかった。チーク材の床がいいとかペンキはこれを使いたいとか自分たちで探していく上で、予算についてプランナーに相談していたら、自分たちでも塗れますよとアドバイスをもらって。壁剥がしとペンキ塗りくらいだったら自分たちでできるかなと思ってやることにしたんです。」

予算カットで始めたDIY。結局、結構な範囲が対象に。フローリングはなんと、お父様ひとりで張ったとか。

「退職して木工の学校に通って自宅のフローリングを張り替えた経験があったんです。今回は無垢材なので合板とは違いますが、やれるから、っていうのでお願いしました。でも僕らは巾木が嫌で要らないと思っていたんです。だから壁と床をぴったり張らないといけないので難しいと思うんですけど、綺麗に張ってくれましたね。」

施工業者の方も絶賛していたという床張り。その端材も再利用してDIYの範囲が広がっていった。

「棚とかは、これつけたらいくらかかりますか?と聞いて。そんなにするなら自分たちでやろうと。フローリングのあまった端材を自分たちでつないで棚にしました。引き出しも作って、キャスターをつけて収納にもしました。」

合うものがなければ、自分で作るという発想

これだけでも感心してしまうDIYですが、いちばんのこだわりがまだありました。 既製品では対応できず、それならと奥様がデザインから手がけたキッチンです。

「わたしたちはキッチンへのこだわりは強かったですね。いまでこそ料理教室も開催していますが、もともと石鹸も作って販売しているんです。作るときにはオイルもボールもいっぱい並べるんです。趣味のおかし作りのときにも。だから作業スペースがないと困るんです。」

費用も比較した結果、システムキッチンよりも安く済むうえ、希望通りになるということで、天板だけデザインしたものを発注して、下の収納は自分たちで造作したそう。

「既製品ではシンクの大きなものが主流ですが、大きなシンクよりも作業台が広いほうが使い勝手がいいんです。だいたい既製品がぼくらのニーズには合わないんですよね。だから自分たちでやるしかないんです。」

手間をかけた分、イメージ通りの仕上がりに

「DIY部分は工事のスケジュールに合わせて行いました。だから決められた期間に終わらせないといけなかったので結構シビアでしたね。予算カットでやろうとして予定通りに終わらないと、工期も延びて余計にお金がかかってしまう。」

塗装も思っていたよりも手間がかかって苦労したそうだ。

「天井も塗りましたが、塗装って1回2回で済むのかなと思ったら5回塗らないといけなくて。アク止め2回、下地が1回やってからの2度塗り。肩があがらなくなりました。」

それでも苦労の甲斐あって、プランはほぼイメージ通りに仕上がったと話すご主人は、いまではパスタの生地をつくるプレス機まで自作したそうだ。

楽しそうに振り返ってお話してくれたお二人ですが、自分たちで家を作る楽しさにはまった様子で、最後にこんなことをお話してくれました。

「下地以外はほぼDIYな感じなので、次は下地もやってみたいですね。職人さんも一人でやっていましたからね。ガス・水道・電気のインフラ以外はやってみたいです。」



リノベーションに欠かせない3つの体験をこの場所で。Aoyama Renovation Studio
セミナー・相談会情報を見る
お気軽にお問い合わせください
お電話でのお問い合わせ

リノベーションに関するお問い合わせ

リノベーションに関するお問い合わせ
  • 受付時間 10:00〜18:00
  • 定休日 水曜

中古マンション購入に関するお問い合わせ

中古マンション購入に関するお問い合わせ
  • 受付時間 9:30〜18:30
  • 定休日 水曜

マンション売却に関するお問い合わせ

マンション売却に関するお問い合わせ
  • 受付時間 9:30〜19:00
  • 定休日 水曜

アセットシェアリングに関するお問い合わせ

アセットシェアリングに関するお問い合わせ
  • 受付時間 10:00〜18:00
  • 定休日 土曜・日曜

メールフォームでのお問い合わせ

Facebook
投資家情報
採用情報
お気軽にお問い合わせください
お電話でのお問い合わせ

リノベーションに関するお問い合わせ

リノベーションに関するお問い合わせ
  • 受付時間 10:00〜18:00
  • 定休日 水曜

中古マンション購入に関するお問い合わせ

中古マンション購入に関するお問い合わせ
  • 受付時間 9:30〜18:30
  • 定休日 水曜

マンション売却に関するお問い合わせ

マンション売却に関するお問い合わせ
  • 受付時間 9:30〜19:00
  • 定休日 水曜

アセットシェアリングに関するお問い合わせ

アセットシェアリングに関するお問い合わせ
  • 受付時間 10:00〜18:00
  • 定休日 土曜・日曜

メールフォームでのお問い合わせ